30arttopbanner
groupoderbanner
volunteerbanner
nightbanner

INFOMATION

日時 : 2018 年 7 月 22 日(日)13:00〜20:00、23日(月)12:00〜20:00

会場 : 昭和女子大学 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1丁目7-57

主催 : せたがやインクルージョン実行委員会・ジュニア委員会

後援:世田谷区、世田谷区教育委員会、昭和女子大学、世田谷区社会福祉協議会

特別協力:相田みつを美術館

 
 
 
kumagayacity_banner
kamagayacity_banner
「雪くま」ってなに?

「雪くま」は、熊谷のおいしい水から作った貫目氷を雪のようにふわふわに削り、協賛店ごとにオリジナルのシロップを使用したかき氷です。
真夏の暑さとおいしい水で有名な熊谷で、暑さを元気に乗り切れるよう、かき氷をブランド化しました。
市内外を問わず多くの人に親しんでいただき、暑い熊谷をさらに盛り上げたいという願いも込めています。

「雪くま」は、ほかのかき氷と、どう違うの?

一番の違いは「食感」です。氷の粒がジャリジャリと口の中に残るかき氷と違い、「雪くま」はふわふわ感のある昔ながらの削り方にしているため、口に入れると淡雪を食べたときのようにふわっと溶けてなくなります。

”あついまち熊谷”だからこそ食べることのできるかき氷、「雪くま」。
「雪くま」には、「熊谷ならでは」の、こんな条件があります。

「雪くま」3つの条件
1.熊谷のおいしい水を使った氷を使っていること
2.氷の削り方に気を遣い、雪のようにふんわりした食感であること
3.オリジナルのシロップや食材を使っていること